Menu

プロジェクター 投映距離の違いを把握する

プロジェクター・projectorを使って、投影させてみたものの、なかなか上手く投影出来ないケースってあれるのではないでしょうか。

なかなかプロジェクター・projectorの使い方が慣れないという方々もいます。

AZAでプロジェクターレンタル

投映距離の違いを把握すること

プロジェクター・projectorがなぜ上手く投影することが出来ないのでしょうか。

まず、みなさんがしっかり把握しなければならないのは、投映距離の違いを把握することです。

まず、プロジェクター選択の段階では、部屋の広さやスクリーンの大きさと言ったものも考慮して、そこにマッチしたプロジェクターを選択する必要があるでしょう。

狭い部屋と広い部屋というのではプロジェクターの投影条件も変わってくるでしょうし、小さいスクリーンと大きいスクリーンというのでも条件は変わって来ます。

どの程度の距離が必要なのか

実際には、プロジェクターには、スクリーンとの間に距離というものが存在しています。

それは、投影距離という具体的数値であらわすことが出来ます。

投映距離の範囲内にプロジェクター設置をすれば、原則的問題、問題なく投影することが出来ると言っていいでしょう。

プロジェクター・projectorは、結構、いろいろなシーンで利用するという方々が多いから、投映距離が障壁になってしまうケースって結構あるようです。

それでも使おうと頑張ってしまうのかもしれませんが、それでは、なかなか上手く投影出来ないケースも出てきてしまうでしょう。

狭いミーティングスペースでは距離不足ということは充分考えることが出来ます。ビジネスでプレゼンをするとき、ミーティングスペースから会議室、ホール、また広大な展示会場と言った場所まで、本当にシチュエーションはまちまちという感じではないでしょうか。

実際に、距離は存在しているものの、そこに丁度いい場所には、障害物があって設置出来なかった……というケースもあるでしょう。

ですから、プロジェクターを使用する時には、会場の下見や、テスト投影ということも必須条件ということが出来ます。

投映の基礎知識をチェック

やっぱり、プロジェクターを使用する人たちは、投映の基礎知識をチェックをする必要があります。

しかし、そのような問題は、最初からわかっている気になってしないという人たちもいるようですね。

プロジェクターは構造上、投映距離が短ければ画面が小さくなり、遠ければ画面が大きくなります。

そのような常識もしっかり把握していらっしゃるでしょうか。

新着記事