Menu

プロジェクター・projectorとは

いま、家庭でも会社でもプロジェクター・projectorに対しての関心度って結構高まっているのではないでしょうか。でも、まだまだみなさんはプロジェクターのことがわからないで、購入しようと思うもののどのように選んでいいか悩んでいたりすることがあるでしょう。

そのような意味では、まだまだテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン……と言ったものとは比較して、プロジェクターは敷居が高い存在かもしれません。しかし、そろそろプロジェクターを購入してもいいかも……という時代を迎えたのかもしれません。

プロジェクターといったらAZA

プロジェクター・projectorとは

プロジェクター・projectorは、スクリーンに映像を投射する機械のことを言います。

プロジェクターの場合は、パソコンやDVD、ブルーレイなどの機械と接続をして、映像の信号を受けとめて映像を投射する機械です。

プロジェクター・projectorの種類は、大きく分けて、ビジネス用プロジェクターと、ホームシアター用としてのプロジェクター・projectorがあります。

ビジネスのために利用されるプロジェクター・projectorは、パソコンに接続をして、パワーポイントやウェブページと言ったものをプロジェクターで表示させていきます。2000年代あたりの頃までは、プロジェクターは、画面縦横比率が正方形に近い4:3という形式でしたが、現在では、パソコンのワイド化に従う形で、16:10と言ったものがメインになっています。

画面も、明度も、段々と技術進化がおきて、価格が比較的安いものでも、3600ルーメン程度のモデルを購入することが出来るようになって来ました。

明るい環境でも、プロジェクターを使用することが出来、より利用価値を高めることが出来ます。

ホームシアター用

ホームシアター用として使用されているプロジェクター・projectorは、DVDやBlu-rayなどの映像再生機器と言った機械と、プロジェクター・projectorを接続させて、映画やライブ映像と言ったものを楽しむための機械です。

ちょっと贅沢な機械なので、購入をどうしようかしら……と迷っていた方々もいらっしゃるかもしれませんが、ホームシアター用のプロジェクター・projectorも段々と技術が進化して、価格が安くてレベルの高いものも登場してきて、そろそろと考える人たちも増えて来ています。

ビジネス向け16:10の画面縦横比率でしたが、ホームシアター向けプロジェクターはテレビと同じワイド画面の16:9となっています。

新着記事